まぶた 腫れ 痛み 薬

まぶたが腫れて痛みがある時の薬は?

スポンサーリンク

「まぶたの腫れ.com痛みや薬」のホームページにようこそ。
「まぶたのトラブル専門アドバイザー」の吉田雅子と申します。

 

まぶたは身体の中でもとてもデリケートな部分です。
そんな部分に違和感を感じると、とても不快ですし不安になりますよね。
こちらのホームページでは、まぶたにあらわれる様々なトラブルの症状や、
考えられる原因、その対策をご紹介していきたいと思います。

 

まぶたが腫れて痛みがあると、ものが見えづらかったり違和感があったり、
日常生活に支障が出ることもあります。
そのような場合は、眼科または皮膚科を受診し、
症状に合った薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

しかし、まぶたの腫れや痛みの原因が、ドライアイや疲れ目などで、
市販の薬をいつもそばに置いて使っている人も多くいるでしょう。
目薬はとても身近な薬ですが、次のようなことに気をつけて薬を選ぶようにしてください。

 

ドライアイの場合

 

涙の成分と似た人口涙液(塩化ナトリウムや塩化カリ油無などの電解質を配合)
を使います。

 

ただし、防腐剤の入っていない、使い切りタイプのものを選んでください。
防腐剤が入っていると、涙が少ない人は、薬の成分が目の表面にたまってしまい
副作用が出やすいからです。

 

コンタクトレンズを使用している人も、防腐剤には注意が必要です。
防腐剤の成分が、レンズに付着し、目に過度の刺激を与えてしまうからです。

 

疲れ目の場合

スポンサーリンク

疲れ目の原因は、目の焦点を合わせる毛様体の筋肉疲労が大きいとされています。
ですから、毛様体の筋肉を活性化させる成分や、
毛様体の代謝を促すための各種ビタミン剤が主に配合されている薬を選びます。

 

ただし、その効果は、目薬を使用するとさっぱりする、気持ちがいいといった
心理的な影響が大きいこともあります。
目薬は、使い続けると目の表面の状態を悪くすることがあるので要注意です。

 

花粉アレルギーの場合

 

さまざまな抗ヒスタミン薬や消炎酵素、消炎薬などが配合された目薬を選びます。
花粉アレルギー用途の目薬には、鼻炎薬と同じ成分が含まれていますので、
これらで副作用を起こした人は使用しないでください。

 

まぶたの病気は、腫れや痛みの他に、角膜を阻害して、
視力を低下させたりすることもあり、なかなか厄介なものもあります。
市販の薬を使用しても、まぶたの腫れや痛みが改善しなかったり、悪化する場合は、
すぐに眼科または皮膚科を受診し、症状に合った薬を処方してもらいましょう。

 

【免責事項】
当サイトは長年「まぶた関係」で悩んできた「私の体験談サイト」です。
従いまして、当サイトから得た情報による、いかなる損害においても
当サイトは一切責任を負いません。全ては当サイトを読んだユーザーの
自己判断による責任としますので、予めご了承下さい。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加