まぶた ゴリゴリ

まぶたがゴリゴリする時とは?

スポンサーリンク

まぶたにできるゴリゴリしたしこりは一体何?

 

痛みはないけれど、まぶたに何となく違和感を感じることってありませんか?
目の中がゴリゴリしたような感触が気持ち悪く、イライラしてきますよね。
痛みがないので放置しがちですが、
「もしかすると何かの病気なのかも」という心配もあります。

 

このゴリゴリしたしこりは、一体何なのでしょうか?

 

ゴリゴリしたしこりの正体は「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」

 

しこりの正体は、ものもらいの一種である霰粒腫である場合が多いです。
霰粒腫とは、まつげ付近にあるマイホーム腺という部分が
詰まってしまうことにより起こります。

 

マイホーム腺は、脂肪は目を潤すために重要な働きをしていますが、
脂肪を分泌する器官のため、脂肪が溜まり詰まってしまうのです。

 

ときには手術が必要になることも

 

ものもらいと聞くと、
一般的には放置して自然と治るのを待つことが多いと思います。
もちろん霰粒腫も自然治癒で基本的には大丈夫です。
小さなものの場合は1ヵ月程度で治ることがほとんどと言われています。

スポンサーリンク

しかし、症状によっては投薬が必要になることもあります。
しこりがどんどん大きくなって腫れる場合や、膿が出てきた場合には、
医師の診察を受けるようにしましょう。
その時は「眼科」へ行くのが適切です。

 

病院では、目薬や軟膏など、その症状に合った薬を処方してもらえます。
これらには「ステロイド」という殺菌作用のある成分が
入っていることが多いですが、目とステロイドは非常に相性が良いため、
心配しなくても大丈夫です。

 

また、目薬や軟膏でも症状が改善しなかった場合には、
抗生物質も同時に処方される場合もあります。
それでもよくならない時は、最終的に手術をして治療をします。
マイホーム腺の詰まりを除去するために、まぶたを切開して膿を取り出します。

 

少し怖いイメージがあるかもしれませんが、
手術自体は短時間で終わるものですので、さほど心配いりませんよ。

 

霰粒腫にならないようにするためには

 

霰粒腫を防ぐためには、細菌による感染をできるだけ防ぐことが重要です。
例えば、汚い手で目をこすったり、
コンタクトの使用方法を守らないということは避けましょう。
コンタクトレンズの洗浄液は常に清潔なものを使用します。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加