瞼 下垂 手術 保険 条件

瞼の下垂の手術で保険適応の条件は?

スポンサーリンク

瞼下垂の手術は保険適応になるの?

 

瞼下垂という病気をご存知でしょうか。
瞼下垂は、瞼にある筋肉が弱まり、ゆるくなってしまう病気です。
瞼下垂症になると、目があけづらくなり日常生活に支障をきたします。

 

瞼下垂症は手術でしか治せない

 

瞼下垂症は、自然治癒では治らない病気です。
症状を改善するためには、手術を受ける必要があります。
瞼下垂の手術費用は、一般的には健康保険適応になりますが、
一部保険適応外になる場合もあります。

 

保険適応されないと、手術費用をすべて自腹で払わなければならないため、
高額な費用を請求されることがあります。
金銭的・精神的な負担ははかりしれないものです。

 

瞼下垂の手術で保険適応されるケース

 

瞼下垂手術は、保険適応になる条件がいくつかあります。
1つ目は、「保険適応に対応できるクリニック」であることです。
美容外科はどこでも保険適応とは限りません。
一部では、健康保険を使用した治療が行えないところもあります。

スポンサーリンク

2つ目は、「美容目的ではない」ことです。
健康保険は、怪我や病気の際に治療費の負担を軽減するためにあるものです。

 

そのため、美容整形の手術の場合は健康保険を使用することができません。
二重にしたり、目を切開して大きくしたなど、病気ではない場合は
全額自己負担になります。

 

3つ目は、「瞼下垂の症状が日常生活に支障があるレベル」であることです。
この点については判断が難しいところですが、医師やクリニックによっては、
健康保険を使用して手術を受けられるかどうかを
条件のひとつとしている場合もあります。

 

生活に支障があるというのは、
「目を開けることが困難で、車を運転することができない」
「目を開けることが困難で、顔をまっすぐにしているとほぼ何も見えない」
「上を向かなければ物が見えず、そのせいで首や肩の調子が悪くなってしまう」
などです。

 

瞼下垂の症状レベルの判断は医師によっても変わりますので、
保険適応を希望する場合は、担当医師に
「瞼下垂で日常生活にこれだけ支障をきたしている」ことを
しっかり伝えることが大切です。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加