瞼が重い 奥二重 解消法

瞼が重い奥二重の解消法とは?

スポンサーリンク

瞼が重い奥二重から、ぱっちり目元になる方法とは?

 

奥二重だと、瞼が重く目が小さめに見えますよね。
日本人には奥二重の人が多いため、奥二重であることを
コンプレックスに思っている人が多くいます。

 

しかし、そんな奥二重の人も必見!
整形なしで簡単にぱっちり目元になれる方法があります。
ここではその手順について詳しくご説明させていただきたいと思います。

 

美しい二重を誰でも作れる方法〜アイプチ・アイテープ〜

 

整形でも二重は作れますが、切開や糸で縫うなどの
整形手術を受ける必要があります。
顔にメスを入れるのはちょっと怖いですよね。

 

そんな不安もなく、美しい二重を作るために「アイプチ・アイテープを使用する」
という方法があります。
ドラッグストアでも手軽に、しかも安価に購入することができ、
誰でも手軽にぱっちり二重になれます。

 

使用方法はいたってシンプル。
アイテープの場合は、二重にしたいところにテープを貼るだけです。
好みの二重の幅に調節できるのがメリットと言えます。

 

アイプチの場合は、専用の液剤を瞼に塗り、
1分ほどして少し乾いたところで専用のまぶたおさえで線をつくります。

スポンサーリンク

アイプチは少々コツがいりますが、粘着力があるので1日長持ちしますよ。

 

奥二重のままぱっちり目元を作る方法

 

あえて二重にしようとはせず、もともとの奥二重のまま
目をぱっちり見せる方法です。
使用するのはアイシャドウ、つまり「メイクで目を大きく見せる」方法
というわけです。

 

いままでメイクで目を大きく見せようと努力してきたけれど、
うまくいかなかったという人も多いかと思います。
しかし、ここで紹介するメイク方法を取り入れれば、
奥二重でも確実に目を大きく見せることができますよ。

 

メイクのアイシャドウは、ブラウンやベージュの少し濃い色味のものを使用します。
色が濃い方が、メリハリがつき目に印象を与えることができるためです。
まず、アイホール全体に明るめのアイシャドウをのせます。
濃い目のブラウンは目じりや目のキワにしっかりのせるようにします。

 

次に、まぶたの半分くらいの面積に中間色をのせ、
アイホールの上部にはハイライトをしっかりのせて目元の明るさを足します。
アイラインは最後に入れるようにし、線を引いたあとはしっかりぼかします。

 

ここが重要です。
アイラインはまつ毛の間にもしっかり隙間なく引くようにしましょう。
これで、奥二重でも綺麗なぱっちり目元のできあがりです。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加