まぶた しこり 痛くない 治療法

まぶたのしこりで痛くない時や治療法とは?

スポンサーリンク

まぶたの主な病気には、麦粒腫(ものもらい)やさかさまつげ、
眼瞼下垂などがあります。

 

麦粒腫はまぶたの腫れやかゆみを伴いますが、
腫れやかゆみを伴わないまぶたの病気のひとつに、
霰粒腫(さんりゅうしゅ)があります。

 

これは、まぶたの中に硬くコロコロをとしたしこり(腫瘤)ができるもので、
通常は、痛くなく発赤もありません。

 

痛くないからといってそのままにしておくと、
ものが見えづらかったり美容上の問題(外見がよくない)の他にも、
さまざまな問題が生じるので、早めに眼科を受診しましょう。

 

霰粒腫のしこり

 

しこりはやや硬く、大きさは、はじめは小豆くらいですが、少しずつ大きくなり、
まぶたが重苦しく、うっとうしく感じるようになります。
まぶたを裏返してみると、結膜の部分に小さな円形で平らな隆起が見えます。

 

これは、瞼板腺(けんばんせん、目に脂を出す腺)が詰まったためにできた、
無菌性の肉芽性炎症です。

スポンサーリンク

治療法

 

霰粒腫には、点眼薬はほとんど効きません。
まぶたの裏を小さく切開し、瞼板腺の内容物をかき出す手術を行い、
しこりを取り除きます。

 

しこりをそのままにしておくと、小さいものは自然に消えてしまうことも
ありますが、ほとんどの場合、その内容物がまぶたの裏側や皮膚面に破れて
流出してしまい、目がゴロゴロするなど不快な感じが続きます。

 

場合によっては、細菌感染による炎症(腫れ、痛み)を起こすことがあります。
これは、急性霰粒腫とよばれるもので、
その細菌に有効な抗菌薬の点眼薬での治療が必要になります。

 

しこりが大きくなって、まぶたの形が変わってしまったり、
再発を繰り返すような場合は、皮膚や眼瞼結膜面(まぶたの裏側)を切開して、
内容物を取り出すことがすすめられています。

 

その他の治療法として、最近では、副腎皮質ホルモンの
局所注射も効果があるといわれています。

 

また、お年寄りで、何度も再発を繰り返すよう場合は、
まぶたの癌である可能性も高いので、
早めに眼科を受診し精密検査を受けるなど、注意が必要です。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加