まぶた 蕁麻疹 原因

まぶたの蕁麻疹の原因とは?

スポンサーリンク

まぶたにじんましんが現れる原因とは?

 

まぶたのじんましんは、何の前触れもなく出現するため、
「何が原因だったんだろう…」とため息をつく人も多いのではないでしょうか。
蕁麻疹ほど厄介で原因がよくわからないものはありませんよね。

 

蕁麻疹が現れる原因

 

蕁麻疹の症状が現れる原因は、実のところほぼわかっていないのが現状です。
発症する蕁麻疹のうちの30%ほどしか原因を把握できておらず、
残りの70%はなぜ蕁麻疹ができたのか分からないのです。

 

これだけ医学が発達した現在でもわからないのですから、
蕁麻疹という病気がいかに奥深いのかがわかりますね。
ちなみに、30%の蕁麻疹で言われている原因というのは
「ストレス」や「温度の差」「季節性」などです。

 

ストレスにより疲労がたまり、
それが蕁麻疹として体に現れるというのが体表的です。
また、暖かいところから急に寒いところへ行ったときなどの温度差によって起きる、
「寒冷蕁麻疹(かんれいじんましん)」があります。

 

季節の変わり目には、気候がコロコロと変わることにより、
蕁麻疹が発症しやすいとも言われています。

 

病院へいくなら何科がいいの?

スポンサーリンク

蕁麻疹で病院へ行くならば、基本的には「皮膚科」となります。
蕁麻疹の赤いプツプツを治すためには、
飲み薬や塗り薬を使用することが一般的です。

 

塗り薬には、ステロイドが含まれているものが多く、
赤みを早急に抑えかゆみ症状も緩和してくれます。
飲み薬には抗ヒスタミン薬が用いられ、塗り薬同様、
蕁麻疹の皮膚異常を抑制してくれる働きがあります。

 

蕁麻疹の症状がまぶただけではなく、全身にあり、
症状も酷い場合には点滴をすることもあります。

 

原因がストレスである場合は?

 

原因が明らかにストレスであると分かっている場合は、
皮膚科だけではなく「心療内科」へ行ってみることをおすすめします。
精神面で蕁麻疹にかかってしまう場合は、
原因がある限り繰り返し蕁麻疹を発症することが多いからです。

 

そのため、心療内科へ行くことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、
思い切って一度心療内科の専門医師へ話をしに行ってみて下さい。
心療内科へ行って蕁麻疹が改善されるケースは意外と多いのです。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加