まぶた 内出血 原因

まぶたの内出血の原因とは?

スポンサーリンク

まぶたに内出血ができる原因ってなに?

 

まぶたに内出血ができてしまうと、見た目が痛そうに見え、
とても気になりますよね。
他人からの目線に気にしがちになってしまうので、
「早く治ってほしい」と思うことも多いですよね。

 

ここでは、内出血の原因と対処法まで詳しく解説していきます。

 

内出血とは?

 

内出血とは、皮膚の表面ではなく、皮膚の下で血管に傷がつき、
破れてしまうことにより出血した状態のことを言います。
人間の体全体には数えきれないほど多くの血管があるため、
まぶたに限らず全身どこでも、常に内出血は起こる可能性があります。

 

少しの衝撃で血管が破れることもあるため、私たちには身近なものと言えるしょう。

 

まぶたは内出血がおきやすい

 

まぶたは、人体の中でも皮膚が薄く、
比較的内出血が起こりやすい部位でもあります。

スポンサーリンク

皮膚が薄ければ薄いほど、血管への衝撃が強く伝わるため、
その分欠陥が破れる可能性も高くなります。

 

また、皮膚の薄いところは内出血も目立ちやすいため、
まるで誰かに殴られたかのような痣ができる場合もあります。
とくにまぶたにできる内出血は見た目が痛々しいので、
眼帯などをして隠すことも多いです。

 

まぶたに内出血ができた場合の処置

 

内出血ができた場合は、早めに処置をすることで治りも早くすることができます。
まさに時間との勝負と言っても過言ではありません。

 

内出血ができてからそのまま放置してしまうと、
その後まぶたに色素沈着が起こり、
そのまま痣となって跡が残ってしまう場合もあるのです。

 

そういったことを防ぐためにも、内出血ができたらできるだけ早く
「患部を冷やす」ようにしましょう。
冷やした後、今度はあたためます。
冷却しあたためることで出血量を減らし止血します。

 

その後、治癒するために必要な栄養分を送るため、血行を良くし、
自然治癒力を高めることで内出血を早く治すことができるのです。
この方法は、まぶた以外すべての内出血に有効ですので、
内出血ができたら早急に行ってみましょう。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加