新生児 まぶた 赤い

新生児のまぶたが赤い時は?

スポンサーリンク

新生児のまぶたが赤いのはなぜ?

 

新生児は、肌が弱くちょっとしたことでかぶれてしまいます。
特にまぶたは皮膚が薄いため、突然赤みが出てしまうこともあるのです。

 

生まれたばかりの大事なわが子ですから、
「何かの病気のサインなのでは」と心配になってしまいますよね。
ここでは、新生児のまぶたがなぜ赤くなりやすいのか解説させていただきます。

 

赤ちゃんのまぶたが赤いのは、主に「乳児湿疹」が原因

 

乳児湿疹は、新生児にはごく一般的によくみられる症状です。
そのため、心配する必要はありません。
湿疹は、体や顔全体、場所を選ばずどこにでも現れます。

 

乳児湿疹が現れるのは、
生まれたばかりの赤ちゃんは肌がデリケートで刺激に弱いからです。
新生児から1才頃までは続くもので、
成長とともに湿疹も徐々に出なくなっていきます。

 

また、乳児湿疹の他の原因として考えられるのが
アレルギーによって引き起こされる湿疹です。

 

アレルギーは、沐浴時の石鹸や粉ミルクで起こるケースがあります。
乳児湿疹と症状はほとんど同じで、まぶたが赤くなることもあります。

スポンサーリンク

食後や入浴後に決まって赤くなるという場合には、
アレルギーの可能性が高くなるので一度疑ってみてください。

 

食後にまぶたの赤みがでた場合には、最初に小児科へ行くことをおすすめします。
また、入浴時の石鹸がアレルギー源だった場合は、
皮膚科を受診することをおすすめします。

 

アトピー性皮膚炎の可能性も

 

お父さんかお母さんがアトピーを発症している場合、
子供も親からの遺伝で発症する場合があります。
また、親がアトピーにかかったことがなくても、
アトピーになる可能性も十分にあります。

 

アトピーは、乳児湿疹と違い自然と良くなっていくものではありません。
しっかり治療していく必要があります。
アトピーの特徴は、乾燥によって肌がガサつき、
主に目の周り(まぶた)や首に発症することが多いです。

 

間違った対処法をとると、余計に症状が悪化していまいますので、
一度皮膚科へ相談しに行くことをおすすめします。

 

ただし、新生児のころは、医師でも乳児湿疹なのかアトピーか
見分けるのは非常に困難です。
そのため、しばらくは定期的に通院しながら、様子見するケースが多いです。

スポンサーリンク


この記事を読んでお役に立ちましたでしょうか?

もし、少しでもお役に立ったのであれば
以下のSNSのボタンをクリックして拡散してくれたら大変有り難いです。
どうぞ、ご協力をお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加